年代別まつげ

まつげエクステは若い女性だけのものではありません。
大人の女性にこそ必要なアイテムです。
しかし髪や眉、肌、眼球の質感とのバランスが合っていないと、
まつげだけが若々しく浮き上がってしまいます。
若い子に似合うけど、自分がしたらおかしい?
どんなデザインが似合うのかよく分からない
逆に老けた印象になる?
などのお悩みにお応えするため
年齢やシチュエーションに合ったまつげデザインを提供することはもちろん
まつげを回復させるエクステの技法、
サロン内で行うまつげトリートメントや自宅ケアなども学んでいきましょう。


40代 痛いマツエクにならないのでご安心ください

40代になると、女性ホルモンの減少に伴い、まつげが少なくなったり、細くなったりするだけでなく、まぶたの下垂なども加わり、アイメイクに迷いが出てくるようになる女性が増えます。
今まで好きだったり、似合っていたものがしっくりこなくなるのはすっきりしないものです。

アイシャドウやアイライナーなどを駆使してみても、小じわの中に粉が溜まってしまったり、乾燥してさらにしわっぽくなってしまったりすると、ますます憂鬱になりますよね。
そのようなお悩みに、まつげエクステをおすすめしています。
まつげを傷めるビューラー&マスカラから解放されるだけでなく、まぶたの負担になるアイシャドウなどもいらなくなる方もたくさんいらっしゃいます。

アイメイクはなしでもいいですが、まぶたをこすらなくてすむリキッドアイライナーを軽く引くだけで、今までのアイメイクに比べてかなり目ヂカラが出ます。
まぶたにも負担がなくなるので、小じわが改善されたり、色が白くなったりされる方も多いです。
「この年でまつげエクステをして、痛々しくなるのは怖い」と思われるお客様も多いでしょう。
けれど、やり過ぎた感が出てしまうのは、皮膚や眼球のゆるみに対して、エクステが若々し過ぎるためです。
分かりやすく言うと、エクステが「太過ぎる」、「長過ぎる」、「カールが強過ぎる」、「黒過ぎる」、などです。
目元が緩み始め、明らかに30代とは違う年代には、なるべく髪や肌の質感に合った太さや黒さ、横から見たときも長過ぎず、上がり過ぎていないカール感のデザイン・技術で対応します。
まつげが少なかったり、細かったりしてもまつ育メニューもありますし、自然にボリュームアップできるボリュームMIXや下がってきたまぶたを持ち上げる「リフトアップ&エクステ」もあります。
アントスの施術では、40代のまつげエクステは痛々しくはなりません。
お客様のご要望をはじめ、まつげやまぶたの状態によっては、まつげエクステではなく、まつげカールの方がよい場合もあります。
40代以上に求められるきちんと感や上品さのある美しさに仕上げましょう。

Point

  • 40代になると、女性ホルモンの減少に伴いアイメイクで今まで好きだったり、似合っていたものがしっくりこなくなる。
  • まつげを傷めるビューラー&マスカラから解放されるだけでなく、まぶたの負担になるアイシャドウなどもいらなくなることも。まぶたにも負担がなくなるので、小じわが改善されたり、色が白くなったりする。
  • 痛々しくならないよう髪や肌の質感に合ったまつげデザインで自然にボリュームアップ。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

50代からのまつげの復活のさせ方

50代からのまつげの復活のさせ方として、「まつげエクステ」という方法があります。
アントスには50代以上のお客様もたくさん通ってくださっていますが、「ビューラーとマスカラを繰り返していたらまつげが減ってしまった」「以前通っていたサロンは太めのエクステしかなかった」「ここならまつげを大切にしてくれそうだと思った」などの理由でお選びいただいています。
「まつげを復活させるのにエクステ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、エクステのよいところはエクステをつけるまつげを選べることです。
短くて生えたてのまつげを避け、大人のまつげに細め&短めのエクステをつけていくと、ビューラー&マスカラより負担が少なくてすみます。

ビューラーやマスカラはまつげを選べませんものね。
生えたてのまつげも一緒にはさんでしまったり、呼吸ができないくらい根元からマスカラを塗ってしまっていて、健康なまつげが生えにくいということもあるんです。
ですが、まつげを復活させるためのエクステなのに、まつげに合わない太め&長めのエクステをつけ続けると、まつげが減ってしまうだけでなく、まぶたのたるみにもつながってしまうことがあります。
普段使いでは、ちょっと物足りないかなというくらいにしておいて、イベントなどの時に濃いめにされる方が若々しい目元でいられますよ。
また、50代以上の女性がずっとエクステを楽しんでいただくためには、エクステの装着だけでなく、エイジングケアとして、ディープクレンジング やサロントリートメント も同時にお受けになることをお勧めしています。

50代向けのエクステの種類やエイジングケアのためのメニューがあるのを喜んでくださるお客様が多いです。
「エクステには興味はあるけど、いい年をして恥ずかしい」「行ってみたら若い子ばかりだったらどうしよう」などご心配はいりません。

Point

  • 短くて生えたてのまつげを避け、大人のまつげに細め&短めのエクステをつけていくと、ビューラー&マスカラより負担が少ない。
  • エイジングケアとして、ディープクレンジング やサロントリートメント も同時にお受けになることをお勧めする。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

60代のまつげは短め&フサフサがお勧め

まつげエクステは20~30代の若い女性がやるものだと思っていらっしゃいませんか。
アントスには、30代~40代を中心に、50代~60代以上のお客様もたくさんお越しになっていますよ。

60代になると、多くの方がまつげが細く、短く、下向きになります。
また、まつげの生え癖が強くなるだけでなく、多層にわたって生えるようになるので、アイメイクがしづらくなります。
60代以降はアイメイクをされなくなる方が増えますが、目元はぱっちりしておきたいですよね。
そんな女性に人気があるのが、アントスの短めのボリュームMIXスタイルです。
写真のように、まつげの根元を上げつつ、負担の少ないボリュームラッシュをミックスしたスタイルがお勧めです。
まつげの向きがバラバラでも、アントスオリジナル技法でバラバラした感じにならないようにつけていきます。
エクステをつけるときに、黒が分散されずに目の周りで溜まるようにすると、目元が締まって見えますし、白目も綺麗に見えます。
またデリケートな大人の女性のまつげにふさわしい、まつげエクステのデザインや育毛に力を入れています。
アントスには70代のお客様も毎月通って来てくださっていますよ。
大人の女性にまつげエクステは強い味方です。

Point

  • 短めのまつげの根元を上げつつ、負担の少ないボリュームラッシュをミックスしたスタイルがお勧め。
  • エクステをつけるときに、黒が分散されずに目の周りで溜まるようにすると、目元が締まって見えますし、白目も綺麗に見える。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

お客様と共にサロンも年を重ねて行く

大宮にサロンをオープンして10年目に入りましたが、オープン当初からお客様の層がずいぶんと変わったと思います。
「集客の仕方が変わった」ということが一番大きいのかもしれませんが、予測通りのお客様層が来られるのが、こんなにも自分に、精神的な安定と自信を持たらせてくれるのかと思います。
悩まなくていいことで悩まずにいられるということは、本来やるべきことに集中できますものね。
アントスの顧客様の年齢層は、20代後半が21%、30代が37%、40代以上が38%です。
20代前半~10代は4%です(注:顧客様ですので、有料会員登録されている方のみです)。
売上比率は30代後半以上が8割を占めます。
最初から、このような分布になっているわけではなく、集客の入り口を変えたということと、ずっと通ってくださっている顧客様がそのまま年を取られて、年齢層がスライドしたという感じですね。
ご来店されるお客様は、グルー(専用接着剤)に対する不安がある方はもちろん、施術に関する諸々に全て納得してから、サービスを受けたいという方が多いですね。
「自然で美しいまつげエクステを提供していきたいけど、お客様が太くて長いエクステを望むんです」「田舎だから、つけてる感満載のまつげエクステの方が好まれるんです」というお声を生徒さんからも聞きますが、大宮も東京に隣接する田舎ですから、アントスのようなエクステを提案しているサロンは稀です。
先日も30代半ばの新規のお客様が来られましたが、今までアントスのご近所のお店に行かれていたそうですが、そこで1番細いエクステは0.15ミリだったとおっしゃっていました。
まつげがあまりに減ってきてこれではまずいと思って探してこられたそうです。
アントスでは1番太いエクステが0.15ミリです。
典型的な日本人のまつげに0.15ミリをつけ続けたら、まつげはなくなっていきますよ((+_+))。
情報誌を見ると、ボリュームラッシュを含めて、濃くて長いエクステの写真がまだまだ主流ですし、お店替えで来られたお客様のエクステは、アントスでご用意しているリムーバーでは取れにくいものがほとんどです。
初めてご来店されたお客様のお店替えの理由が、「細いエクステに替えて欲しいと再三言ったけど、替えてくれなかったから」というものもあります。
施術ベッドが10台などの大型店や多店舗展開にするのでなければ、どんな地域でも、安全意識の高いお客様や自然な仕上がりを好まれる方は必ずいらっしゃいます。
地域性を考慮することは大切ですが、決して振り回されずに、ご自身のやりたい方向性をしっかり見つめ直すことも大切ですね。
ひとりサロンや少人数サロンのよいところは、スタッフやお客様層をある程度絞れるところです。
お客様層をどのように設定して行くのかは、本当に迷いに迷うところだと思いますが、どのようなお客様方とご一緒して行きたいのかは、最も大切なことではないかと思います。
アントスは私と同世代のお客様がお越しになることが多いのですが、HP上にも、ブログにも、「20代のお子様は出入り禁止」なんてひとつも書いていません。
(もちろん、10代のお客様も20代のお客様も大歓迎です)
ですが、オープン当時から比べると、40代以降のお客様が本当に増えました。
40代は子育てがひと段落して、やっと自分にいろいろできる年代です。
「しわか二重か分かんなくなってきたの・・・」
「目が上がって見えるようなデザインがいいわ・・・」
「シミはエクステでは隠せないわね・・・」
な~んておっしゃるお客様方と一緒に、アントスも年を重ねていくのはこの上ない幸せです。

Point

  • どんな地域でも、安全意識の高いお客様や自然な仕上がりを好まれる方は必ずいらっしゃる。地域性を考慮することは大切ですが、決して振り回されずに、ご自身のやりたい方向性をしっかり見つめ直すことも大切。
  • どのようなお客様方とご一緒して行きたいのかは、最も大切なこと。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る