持続性(持ち)

1ヶ月経ってお客様がご来店されたときに、
エクステは多く残っているけれど向きがバラバラの状態で、
お客様は果たして「持ちがいい」と判断してくださるのでしょうか。
「取れていくときのストレスがない」
「取れても美しい」
お客様がそう感じてくださる装着方法やデザインを施すことによって、
十分満足度は得られます。
サロンが定義する「持ちがいい」を明確にすることが大切です。


長持ちエクステ装着のコツ

スタッフの方が受講されたのですが、おもに「持ちをよくするコツ」や「体勢」などの基本的なことのチェックを目的とされていました。
まず、受講される方全員が必ず受講目的に挙げる「持ちアップ」についてです。
同じグルーを使用していても、しっかりボトルを振って(15~20秒くらい・結構長いです)、
適正なグループレートに適量を出しているのかどうかという点で、大幅に持ちが違ってきます(もちろん、ボトルを振る必要があるグルーのみです)。
水分を吸い込むような材質のものにグルーを出すのはNGです。
グルーの成分内容そのものが変わってしまうからです。
必ずグループレートに出しましょう。
今はストーンタイプだけでなく、使い捨ての裏面シール付きペーパータイプのものもあります。
そして、グルーは1度に大量に出して、それを1時間くらいかけて使うのではなく、少量出して、15~20分で1度程度、取り替えるのが望ましいですね。

もちろん、グルーをボトルから出すときには最初の1回のみよく振るのではなく、その都度よく振って出すことです。
常に新鮮なグルーを使用すると、伸びがよく、エクステが綺麗に装着できます。
綺麗に装着できるということは、ダマや気泡などができづらいということです。
装着されたエクステをマイクロスコープなどで見ると、肉眼では見えないダマや気泡があり、きっちり接着できていないことが分かるんですよね。
の施設環境にもよりますが、夏場は1ヶ月程度でグルーを取り換えた方がいいですね。
そして、持ちに影響されるグルーの適量を早く見つけることです。
0.1ミリと0.15ミリとでは、エクステの周径が違うので、グルーが取れる量が違ってきますよね。
細い自まつげに0.15ミリをつけるとどうなるでしょうか。
グルーを少なく取ろうと思っても、周径が長い0.15ミリはどうしてもグルーが多めに取れてしまいます。
細いまつげはグルーを吸収するだけの太さがありませんし、グルーが乾くのにも時間がかかるので装着に時間がかかってしまうことがあっても仕方ないんですよね。
乾くのの時間がかかると、向きが変わりやすくなり、ツイーザーであちこち触るようになりますよね。
そうすると、まつげとエクステがきっちり密着しにくくなります。
持ちが悪いのはお客様の自まつげに対して、エクステの太さが適正ではないからかもしれません。
今より細めのエクステにされると、持ちがよくなる可能性は大です。

それから、左ツイーザーでまつげを触らないよう注意が必要ですね。
「ツイーザーで触らないとまつげがかき分けられないじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、触ってしまうのを最小限にすることが長持ちの秘訣です。
これは、美しく仕上げたり、スピードアップしたりするための秘訣でもあるんですよね。
そう、秘訣ですから、知らない人が多いです。。。
生徒さんは「スピードアップ」もテーマにされていたので、そもそも、仮毛をワゴンに置いて、いちいち取りに行く方法は止めて、手の甲にセットする方法に切り替えていただきました。
これだけで、物理的にグルーと仮毛の距離が近くなります。
あ、お客様の枕の上などにグルードームや仮毛を置くのはNGですよね~。
枕はお客様のものであって、物を置いたりする場所ではありません。

体幹がしっかりできている生徒さんでしたので、いつもと違う装着のしかたをやり始めても、ぶれることなくしっかりできていて、とてもびっくりでした。
大抵、左手がフラフラしたり、右手の位置が安定しないものですが、どしっとしていて安定感抜群でした。
すぐに上達すると思います。
体幹ができるている人は上達が早いですから^^。
苦手な左目尻も、仮毛を持つ角度を鋭角にしていただくと、スムーズになります。
これもすぐにできていて感動しちゃいました。
す、すごいです。
吸収力や柔軟性が抜群なので、これからが楽しみですね。
たくさん練習して、お客様に喜んでもらってくださいね。

Point

  • しっかりボトルを振って適正なグループレートに適量を出しているのかどうかという点で大幅に持ちが違う。
  • グルーを少量出して、15~20分で1度程度、取り替えるのが望ましい。
  • 常に新鮮なグルーを使用すると、伸びがよく、エクステが綺麗に装着。
  • 左ツイーザーでまつげを触らないよう注意。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

リピートされる理由
「持ちがいい」について

さて、今日は「リピートされる持ちについて」です。
生徒さんからのお問い合わせ内容を見ると、新たな目的や目標を明確に持って取り組む際に、最初に習ったことが全ての基本になってしまっていることが多いと感じます。
一番最初に習ったことが基本になると、成長して行こうとする際に、知らず知らずのうちに妨げになってしまっていることが多々あります。
私も含めて、特に女性は体系的にとらえることが苦手な傾向にありますので(そうでない方もいます)、入り口で見たり聞いたりしたものをスタンダードとしてしまったり、今、気になっている自分に欠けているところが優先順位の一番になりがちです。
例えば、よく言う「持ちがいい」についてですが、何を以て「持ちがいい」というのかを今一度明確にすることが大切です。
時間が経ってエクステは多く残っているけれど向きがバラバラの状態で、「持ちがいい」と判断できるでしょうか。
まつげの成長に伴って、根元から伸び過ぎているエクステがピョンピョン飛び出し、倒れている毛やごっそりなくなっている箇所があって、いったいどんなデザインだったのか、これを施術した人の意思が伝わってこない。
判別不能な状態でも、たくさん残っていたらお客様は満足されているのでしょうか。
お店替えで来られるお客様の中には、「日が経つにつれて、少なくなっていくというよりバラバラになっていくのがエクステだと思っていました」とおっしゃる方もいます。
残っているエクステはそこまで多くはなくても、「取れても美しい」「取れた感じがしない」とお客様が感じてくださる装着方法やデザインを施すことによって、十分満足度は得られます。
「そう感じてくださるお客様を顧客層とする」という考え方もあります。
事実、まつげエクステも、まつげカールも、経験が長くなればなるほど、取れていくときのストレスがないデザインを選ばれる方が多くなりませんか。
エクステなら、自まつげとあまり変わらない太さや長さ、カール感、まつげカールなら、立ち上げ型よりラウンド型、しかもゆるめのデザインです。
1ヶ月半や2ヶ月経っても残っているエクステが、どういう接着剤を使用しているのかをお客様にお伝えして、「持ちがいいとはどのようなことをいうのか」をご理解いただき、天秤にかけていただければ、答えは出ますよね。
3週間後、1ヶ月後の状態がその技術者の本当の力です。
まつげでなくても、ネイリストも、ヘアスタイリストも、カラーリストも同じですね。
リフトせずに爪にジェルが乗っかっていれば、「持ちがいい」なんて誰も思わないですよね。
1ヶ月経って髪がまとまらなくなったり、プリンが目立ってしまうようなヘアサロンの顧客満足度は考えなくても分かりますね。
持ちにこだわるのは、技術者としても、経営者としても、大切な考え方です。
ですが、強いグルー(接着剤)を使ったり、無理な技法で装着したりは本末転倒と言ったら言い過ぎでしょうか。
「そのサロンが定義する持ちがいい」をどのようにお客様に伝えるのか、ツイーザーを握る人間として、サロンの総責任者として重要な仕事です。
これもひとつのブランディングになりますね。

Point

  • 何を以て「持ちがいい」というのかを今一度明確にする。
  • 「サロンが定義する持ちがいい」をどのようにお客様に伝えるのかが重要。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

エクステの持ちが悪くなる原因の
徹底追求

先日、【上まつげブラッシュアップ講座】 のプライベートレッスンがありました。
現在、スタッフとして勤務されている生徒さんでしたが、持ちが悪かったりするなど技術的な見直しを図るために、お越しくださいました。
お店で一緒に働く仲間がいたとしても、自分の技術チェックが受けられる環境にある方は実はとても少ないことに、昨年くらいに気づきました。
独立をするに当たって、上まつげエクステの技術の見直しをしたり、商材の選別眼を養ったり、下まつげエクステの強化をしたり、まつげカールなどの新技術の導入やデザインの幅を増やしたり、カウンセリングスキルやスタッフ育成スキルをつけていくために、アントス・インスティテュートの門を叩いてくださる方は今までもたくさんいらっしゃいました。
ですが、独立を希望しているわけではなく、(今は一昔前と違って、お店を出しても圧倒的な何かがなければ継続が難しいですものね)今のお店にお勤めしながら、自分自身のスキルアップのために勉強したいという生徒さんが昨年あたりから増えてきたんですよね。
確かに、日報や施術写真の提出を毎日スタッフに義務付けていて、それをオーナーもしくは店長がチェックし、アドバイスや研修を随時行っているサロンはそんなにはないですものね。
いつもでしたら、学科的なことを少しやってから実技に入るのですが、非常に困っていらっしゃる生徒さんでしたので、すぐに実技に入りました。
7月にお電話をいただいたときに、「いつ頃だったら受講可能でしょうか」という問いに対して、「9月初旬でしょうか」とお答えしたら、「ええ~っ!」と絶句されていましたので、急遽、8月頭に開催することになった経緯がありましたし。。。
夏はお客様が増える分、トラブルも増える傾向にあります。
1日も早く、自信を持って施術を行えるようになりたいですよね。
授業は、まず、私のデモを見ていただきながら、予想される持ちが悪くなる原因をひとつひとつお話していきます。
下まつげへのテーピングの際に、下まぶたの粘膜にかかってしまうと、上まつげが持ち上がり、知らず知らずのうちに根元浮きの原因になります。
テーピングは、右目はできていても、左目がいつも目頭部分が持ち上がってしまったりと、自分自身のクセがあったりするものです。

また、前処理剤の使い方や適量がしっかりと理解できていないと、これも持ちが悪くなる原因となります。
まつげは毛先ではなく、根元が最も汚れていますよね。
また、まつげの太い部分は毛先ではなく、根本ですよね。
多くの生徒さんの前処理の仕方を見てきましたが、そもそも、根元にしっかりとスティックが当たっていないだけでなく、ほぼカラカラ状態の前処理剤の量では汚れは落ちません。
まつげの量や太さ、長さはお客様によって違いますから、それによって前処理剤の量もかえないといけませんよね。
目に入ってしまうくらいの前処理量は困りますが、髪で言うと前シャンと同じですから、しっかり濡らさないと、汚れも落ちませんし、まつげの1本1本が根元から立ち上がってきません。
持ちもですが、仕上りに大きく関係してくるのが、前処理の仕方です。
こちらの生徒さんも、やはり量が少なく、根元部分にスティックが当たっていない状態でした。
スティックは立体的ですから、当て方に工夫をしないと、根元部分には当たりません。
目元が乾燥されている方は、角化しかけているフケ状のものがたくさんついていますし、脂性の傾向にあるお客様は、しっかり油分を落とさないと、グルーをはじいてしまいます。
そう、髪と同じです。
ですから、本来でしたら、前処理剤も1種類ではなく、数種類あった方がよいでしょうし、技法も1つではなく、数種類あった方がいいですよね。
持ちが悪いのは全て、グルーのせいだったり、エクステ装着時の技術力だけではありませんから^^。

また、実装着の際には、根元部分に最も多くのグルーが残るような装着のしかたをしなければいけないことをご存じない生徒さんもたくさんいらっしゃいます。
スライドが必要なグルーを使用する場合、根元から毛先に伸ばしていくのか、毛先から根元に下していくのかで、まつげに対するグル-の分布が違ってきます。
さらにいうと、やたらとグルーをまつげ全体に伸ばしてしまう方もいらっしゃいますが、グルーは必要な部分にだけ使用した方がまつげが傷みませんし、エクステが上がりやすくなります。
当然、持ちが悪くなる可能性も高くなります。
なぜならば、伸ばしていく段階で、肉眼では見えない、グルーのダマダマが無数についているからです。
マイクロスコープをお持ちの方でしたら、分かりますよね^^。
グルーの取り方も、左ツイーザーの分け方も、持ちが悪くなる原因になっていましたので、根本的なところから、全て直してもらいました。
2時間という短い時間ですが、ひとつ腑に落ちれば、心当たりのあるところがいくらでも出てきます。
「ここがダメだと、結局こうなる」というのが理解できれば、あとは点と点が線に結びついていきます。
見る見るうちに、妙なクセ(すみません・汗)が修正されていって、左ツイーザーがほぼ1回でかき分けられるようになり、(何回も触ってかき分けてしまうのも持ちの悪さの原因になります。もちろん、仕上りの汚さは言うまでもありません)グルードームへの浸し方や引き揚げ方、まつげへの伸ばし方、根元の合わせ方、右ツイーザーの使い方や右手の使い方なども改善できました♡
スタッフの立場だと、なかなか商材や道具、消耗品について、サロンへあれこれ要望することが難しい場合もありますよね。
でも、ツイーザーなどは自分自身の道具なので、美容師がシザーを、ネイリストがブラシを、板前が包丁を、自分のこだわりを持って買いそろえるように、安全で、理にかなった道具をそろえるといいですね。
40代のアイリストの方から、「何歳までこの仕事ができますか」と聞かれますが、私はもうすぐ51歳になりますよ^^。
最近は、まつげエクステの際に老眼鏡をかけることが多くなりましたが、まつげカールは裸眼で十分できます♡まだまだ現役続行です(笑)。
せっかく取った美容師免許ですから、しっかり活かしていきましょうね。

Point

  • 下まつげへのテーピングの際に、下まぶたの粘膜にかかってしまうと、上まつげが持ち上がり、知らず知らずのうちに根元浮きの原因になる。
  • 前処理剤の使い方や適量がしっかりと理解する。
  • 実装着の際には、根元部分に最も多くのグルーが残るような装着のしかたをしなければいけない。
  • こだわりを持って、安全で理にかなった道具をそろえる。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

持ちが悪い下まつげエクステのパターン

新しいメニューをサロンに取り入れるのは、時間的にも、費用的にも、大変ですよね。
まつげエクステサロンはネイルサロンや美容室のように、誰かがアシストしてくれる施術ではなく、ひとりの施術者がひとりのお客様に入るスタイルになるので、スタッフひとりの施術単価が経営に大きくかかわってきます。
ええ、たとえ500円の違いでも、です。
サロントリートメントやクレンジング、コーティングなど、施術にかかわるオプションメニューはもちろんですが、やはりなんといってもお客様満足度が高く、それに伴いお客様単価が高くなるのは下まつげエクステです。
いまだに「下まつげエクステをしたことがない」というお客様が多くて驚きますが、もっと驚くのは、これらのお客様が今まで通われていたお店で、「すぐ取れますよ」「からみますよ」「しみますよ」などと言われてきたという事実です。
「下まつげはどうされていたのですか」とお聞きすると、「マスカラを塗っていた」という方が圧倒的です。
せっかく上まつげに綺麗なエクステがついているのに、下まつげが小汚いマスカラだと本当にもったいないです。
上まつげのエクステのクオリティーが一気に下がります。
そして、下まつげが自まつげのまま放置されていると、エクステ付きの上まつげに1日1万5千回、バシバシまばたき攻撃されて、結構な貧毛になっている方がとても多いです。
アントスでは上下でエクステ装着をされるお客様の割合は、9年前のオープン以来、だいたい80~90%をキープしています。
その理由は、「下まつげエクステがある方がバランスがいい」、「上下エクステの方が断然かわいく見える」、「聞いていたより下まつげエクステの持ちがとてもいい」、「アイメイクがさらに楽になる」、というものが多いです。
持ちに関しては、3週間に1度のご来店で、下まつげエクステは、だいたい2/3程度残っています。
もちろん、そのお客様のまぶたの形状やまつげの生え方、アイメイクやクレンジングのしかたによって違いますが、40本装着していたとすると3週間後は30本弱残っています。
そこから、根元から伸び過ぎていたり、向きが変わってしまっていたりするものを取り除くと、だいたい20~25本程度となります。
20本追加してリペア終了、という流れが多いですね。
下まぶたの粘膜付近にアイラインを入れたり、涙袋メイクをされたりして、毎日下まつげにアイメイクをされる方だと、リペア時には半分くらいになっているお客様もいらっしゃいます。
そのような方ですと、30本追加で40本以上に戻すというパターンになります。
「1週間で半分になった」、「リペアのときには全く残っていない」、などという話を過去に受講生や同業者の方から聞くと、持ちがよくなる装着のしかたをあまりご存じない方がほとんどです。
まず、前処理の仕方が大雑把すぎること(すみませ~ん・でもお掃除できていないんですもの)。
仮毛の取り方を考慮していないこと(シートから剥がすときにあまりに無意識過ぎ・汗)。
自まつげの生え方に合ったエクステ装着の角度が理解できていないこと(上下でエクステがからむ原因にもなります)。
下まつげのどの部分にエクステを装着するか決めずに施術していること(カウンセリングで下まつげの生え方や分布を見ていますでしょうか)。
そもそも、上まつげエクステの装着のしかたがあまいこと(ほんの些細な根元浮きが上下のエクステが引っかかる原因になります)。
などなど、あげたらきりがないくらい原因があります。
また、ひとつではなく、2つ以上の理由が重なって、下まつげエクステが鉄板メニューになっていない可能性大です。
もったいないです。
大いにもったいないです。
顧客満足度と売上アップを行える最短の近道は、下まつげエクステなのに。。。
他店との差別化も、「下持ちのよいまつげエクステができるかできないか」というこれ以上ない分かりやすい理由で可能になります。
新たな顧客の開拓は言うまでもなく重要ですが、既存のお客様の囲い込みはもっと重要です。

Point

  • 下まつげエクステのメリットを理解する。
  • 持ちがよくなる装着のしかたを理解する。
  • 顧客満足度と売上アップを行える最短の近道は、下まつげエクステ。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

新たなエクステやパーマのもたせ方

さて、まつげエクステやカールのリペアの時期はお客様によって違いますよね。
まつげの毛周期に個人差があるだけでなく、シャワーを前方から浴びるのか後方から浴びるのかでも違いますし、うつぶせ寝だったり、横向きだったり、寝返りが多かったり、布団をかぶって寝るクセがあったり、アイクリームを毎晩塗ったり、前髪をどちらか一方に流していたり、前髪を目ギリギリに切りそろえていたり、目をこすったり、汗かきだったり、長風呂が好きだったり、アイメイクをしたり、クレンジング剤や方法に問題があったり、、、。
あげたらキリがありません。
また、お客様がどのような状態で、美しさをキープしたいのかでも違ってきます。
左右差が少しでも現れるとリペアに来られる方もいらっしゃいますし、まつげがどのような状態になっても、月に1回と決めてお越しになる方もいらっしゃいます。
お客様によって必要なリペアの頻度はかなり違いますので、早い段階で、何を最も大切にされているのか、どういう状態が1番気になるのかを把握することが大切ですね。
お客様のまつげの健康状態を把握し、適切なアイテムでエクステやパーマ施術を行い、常に良好な状態が守れるリペアであることが必要です。
一昨年の夏より、アントスでディープクレンジングメニュー を導入したところ、エクステやパーマの持ちが悪い方は、目元の汚れが激しいことが分かりました。
アイメイクをされなくても、目元は相当汚れています。
角質がたまってしまうと、エクステは乾燥してポロポロ取れますし、パーマもカール感が早く失われます。
今までよりリペアの回数が少なくて済んだお客様は、定期的にディープクレンジングをしていただいたり、ご自宅でも、クレンジング剤や方法をかえて、ケアをしてくださっている方です。
1週間に1度通わなければ気が済まなかった方が、2週間に1度で済んでいたりします。
しかも、リペアの本数が少なくて済んでいます。
また、3週間に1度の頻度は変わらなくても、毎回20~30本多くエクステが残るようになったお客様もいらっしゃいます。
強い接着剤にしたわけではなく、現行通り日本製医療レベルの接着剤を使い、その他の施術条件も同じです。
2~3回に1度、全てエクステを外してからクレンジングしなくても大丈夫です。
もちろん、その他にもまだ見えていない理由があると思いますし、全員の方ではありませんが、顕著に表れた理由です。
70代になっても、エクステやパーマなどのおしゃれが楽しめるようなまつげの健康状態をキープし続けていくためには、サロンのリペアの定義や方法を常に見直したり、改善したりするのはもちろん、お客様にもお客様に合った自宅メンテナンスの方法を伝達していくことが大切ですね。
新しいオプションメニュー「ディープクレンジング」は、まつげの汚れとそれを取り除くことに集中し、興味深い結果が次々と出ました。
新たなサロンの強みとなり、お客様との信頼関係をさらに深く築く礎となっています。
新メニューを導入するときには、自店のブランディング構築にマッチさせることが大事です。
お客様にすんなり受け入れてもらえたり、さらに良い関係が築けたりするのは、整合性があり、違和感を感じないからです。

Point

  • お客様が何を最も大切にされているのか、どういう状態が1番気になるのかを把握すること。
  • エクステやパーマの持ちが悪い方は、目元の汚れが激しいことが多い。
  • お客様に合った自宅メンテナンスの方法を伝達していくこと。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る