スピード

サロンワークで必要とされる施術スキルは、
安全性や衛生性、正確性、効率性、バランス性、美的センスの他に、
施術スピードがあげられます。
その中でも、1分で何本つけられるかや、100本つけるのに何分かかるのかだけでなく、
スタート時と終了時まで同じスピードでつけられることや、
左目と右目、また目頭と目尻のスピード差がないことの方が大切です。
これらは、如実に仕上がりに直結します。
朝一番のお客様のときはサクサクつけられても、
最終のお客様のときにはスピードダウンしていたり、
また、その逆のことがあったりするのは、
自己管理不足以外の何ものでもありませんが、
左右や場所によってスピード差が出る場合は練習不足であり、
原因追究不足でもありますね。


まつげエクステ未経験スタッフの
時短スキルアップのコツ

さて、エクステ技能未経験のスタッフ研修が始まると、忘れ去っていたことを思い出しますね。
スクールの講師をしているから忘れていないつもりでも、「そうだ、みんなここでつまづくんだ」と思い出します。
ツイーザーを握りたての初期の頃に注意するのは、まつげに対してエクステを真っすぐにつけることです。
ですが、まつげは皮膚に対して、真っすぐに生えているわけではありませんので、当然、バラついた仕上りになります。
ですので、まつげを見ながら、同時に、まぶたに対して垂直になるようにつけるには、まつげのどの部分につけると真っすぐになるのかを考えて、接着面を決めるんですよね。
初期の頃に、これをやるのは大変ですが、まっすぐなまつげの人なんて、まつげ屋さんのお客様にはいらっしゃいません。
まつげをいじり倒して、禿げていたり、目頭や目尻が切れていたり、左右差がありまくったりしています。
どうしようもなくなって、エクステ屋さんに駆け込んで来られるお客様もいらっしゃいますので、ひと昔前のように、毛に対して真っすぐにつけることからスタート、なんてやっていると、いつまで経ってもデビューできないし、綺麗につけられないのでスタッフ自身の自信につながっていきません。
まつげに真っすぐにつけるのはマネキン練習でどうぞ?
モデル練習のときには、目の前のまつげをよく見て、まつげに左右されず、まぶたに直角につけるようにすること。
目頭部分はまぶたのアーチにもよりますが、ほとんどの場合、鼻と並行につけるとうまくいきます。

Point

  • 初期の頃に注意するのは、まつげに対してエクステを真っすぐにつけること。
  • まつげのどの部分につけると真っすぐになるのかを考えて、接着面を決める。
  • まつげに左右されず、まぶたに直角につけるようにする。ほとんどの場合、鼻と並行につけるとうまくいく。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

道具やフォームは最終目標をどこに置くかで変わってきます

さて、ツイーザーを選ぶ際に「何を基準にしたらよいか分からない」という生徒さんが意外に多いんですよね。
自分の手の大きさにあったものや握りやすいもの、重さで選んだり、一番最初のスクールで教えてもらったから、など基準は様々です。
私が生徒さんにお話しするのは、自分が行う施術が上まつげだけなのか、上下の施術が通常技術となるのかで選ぶ基準が違うということです。
上まつげだけを装着して、今お使いのもので安全に装着できているのでしたら、それでよいと思います。
ですが、下まつげの装着も視野に入れたり、また、スピードアップを考えたりされるのでしたら、ツイーザーは変えた方がいい場合も多いのです。
ツイーザーを変えなくても、持ち方の改良が必要なことは多いです。
下まつげエクステの導入を断念される原因として、時間がかかることがあげられます。
(慣れていないだけです 上まつげと同じだけやれば誰でも上手になります)。
また、なかなかスピードアップができない理由として、必要のない無駄な工程が加わっていることが多いです。
ええ、施術には、「その工程がどうしても必要かどうかどうか」を常に考えることが必要です。
逆に新たな工程を増やすときには、同様に考えることが大切です。
1度増やした工程を減らすことはなかなかできませんものね。
「この方が慣れているから」とか、「やりやすいから」では、結果が変わることはありません。
自分のクセは自分では分からないものです。
道具だけでなく、フォームなども、施術中の自分の姿を見ることがないので分からないですよね。
フォームを変えるだけで、施術後の疲れがずいぶんと違ってきますよ。
もちろん、施術スピードも、安全性も、変わってきます。
お客様の快適性も各段にアップします。
道具やフォームを変えることはかなりのストレスですが、先を考えたら早い方がいいですよね。
座ってできる仕事は本当に楽です。
こんな楽な仕事なのに、首や腰を痛めたりして、長く続けられない人がいます。
その原因のほとんどは、使用しているツイーザーや施術中の姿勢にあることを考えたことがあるでしょうか。
老眼鏡をかけたとしても、60歳まではできると思いますよ。
40代やそこらでできなくなる仕事ではありません。
そのためには、常に気がつき、客観的に判断できる環境に自らを置くことが必要ですね。
その環境がなければ、自ら作ることが必要だと思います。
この仕事が大好きなのだったら長く続けたいですものね。

Point

  • 「その工程がどうしても必要かどうかどうか」を常に考える。
  • 「この方が慣れているから」とか、「やりやすいから」では、結果が変わらない。
  • 道具やフォームを変えることはかなりのストレスですが、先を考えたら早い方がいい。
  • 常に気がつき、客観的に判断できる環境に自らを置くことが必要。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

施術スピードをアップさせる本質

左右や場所によってスピード差が出てしまう本質は、まず手のポジショニングのまずさにあります。
もちろん、どんなツイーザーを使うのかも大きく影響してきますが、同じツイーザーを使ったとしても、両手の置き位置やどの指を使うのかで、結果が大きく違ってきます。
左目が苦手な人が多いのは、左ツイーザーの使い方が下手だからです。
左目に相応しい、右手で仮毛をつかむ位置や角度、置き位置を知らないからです。
スクール在学中に、「まつげに仮毛をつけられるかどうか」にのみ重点を置いて教えられてしまったり、ツイーザーが眼球に向かっていたり、眼球を押さえてしまっていたりするなどの、「危険行為がなければよい」というスタンスで習うと、後々弊害が必ず起きます。
また、スピードアップができない原因は、ワゴンセッティングや道具、消耗品、材料などの準備や仕込みがまずいために(動作確認が必要です)、ムダな時間を取ってしまっていることが多いです。
シートタイプの仮毛を使う場合、シートから仮毛が取りにくかったり、シール部分がめくれて、いちいち押さえなければならなかったりするものがありますよね。
技術者からすると、本当にうざい商材です。
「施術中に心が乱れるようなものはごめんだ」と言いたいところですが、現状これが今の業界のマックスなのだとしたら、それを私たち技術者が仕込みで工夫しなければなりませんね。
スピードアップができなかったり、できあがりに満足がいかないという人のセッティングや仕込みは大抵工夫がないことが多いです。
ただ、手を速く動かすだけではなく、施術に入るまでの準備を徹底して行うことや施術中に無意識に行っているムダな動きを徹底排除するだけで、同じ接着剤を使用したとしてもスピードは確実に違ってきます。
必要であれば、フォームを変えて、道具を変えて、商材を変えて、消耗品を変えて・・・、とやっていけば、必ず変わります。
施術スピードのアップはサロン効率をよくすることととらえがちですが、本質はお客様の快適性を守るためです。
「時は金なり」という言葉がありますが、同じ仕上がりや持ちだったら、1分でも早く仕上げてくれる方がお客様はうれしいですよね。
アフターにも時間が取れますので、初めてのお客様にも注意事項や必要な物販商品のご紹介などをすることもできます。
なじみのお客様の中には、アフターでお喋りを楽しみたい方もいらっしゃいますよね。
そのような方にもお時間を取ることができるようになります。
施術に追われていると、この仕事は本当につまらないでしょ。
まつげ美容の場合、施術中お客様は寝ていらっしゃるので、髪やネイルに比べて、コミュニケートするのが難しいんですよね。
だから、施術前後のカウンセリングやアフターカウンセリングで、ある程度時間が取れるように、施術スピードを常に上げる練習をすることが必要なのです。
まつげにもよりますが、100本だったら30分でつけられると、余裕を持って接客ができるはずです。
お客様満足度が上がれば、自然に単価もリピート率も上がっていきます。

Point

  • ツイーザーの両手の置き位置やどの指を使うのかで、結果が大きく違ってきます。
  • ワゴンセッティングや道具、材料などの準備や仕込みがまずいためにムダな時間を取っていることが多い。
  • 施術に入るまでの準備を徹底して行うことや施術中に無意識に行っているムダな動きを徹底排除する。
  • 施術スピードのアップはサロン効率をよくすることととらえがちですが、本質はお客様の快適性を守るため。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る

施術スピードの上げ方

先日、コース生の授業がありました。
上まつげへのエクステを正しく、スピーディーに装着することと、下まつげエクステの手順の復習が主な授業内容でした。
まずは、カウンセリングでデザインの確認です。
モデルさんのご要望に的確に応えるためには、質問の仕方が重要なんですよね。
カウンセリングが漠然とした内容だと、技術力やデザイン力に長けていても、お客様の大切にしたい優先事項が理解できませんから、仕上がりがどれだけ美しくても、ご満足いただけません。

事実、他店のエクステが綺麗についた状態で、「やり直して欲しい」というお客様が、時々、アントスにお越しになるんですよね。
「どこがどうお気に召さなかったのか」と首を傾げたくなるような素晴らしいお仕上がりであり、よくお似合いになっていても、「自分らしくないので、もっと控えめにしてもらえますか」というオーダーをいただきます。
エクステが付いているかどうか分からないような仕上がりで大丈夫かと思うのですが、お客様ご自身は「その方がいい」とおっしゃるのです。
これは、カウンセリングの失敗以外の何物でもないんですよね。
自店でも気をつけようと思うことです。
自分のこだわりや好みに対して、みんなが肯定的とは限りませんものね。

今回の授業では、上まつげに関しては、概ね正しく付けられていましたが、一人で練習していると必ず陥ってしまう「スピード感の欠如」がテーマになりました。
サロンで練習すると、周りの先輩アイリストのスピードに慣れていきますよね。
美容学校でも、先生のデモを見て、「このくらいのスピードでやらないと、タイムに入らないんだ」と思った経験はありませんか。
特別速くは見えないけど、先生の動きにはムダやムラ、ムリがないんですよね。
だから、しっかり5分前には終わっている。
そんなイメージで、私のデモを見てもらいました。

若い頃は下がりまつげではなかったけど、加齢に伴うまぶたのたるみで、まつげの生え際が隠れるようになったり、左右でまぶたの形が違ってきたことによる(右は二重、左は奥二重など)まムダ・ムラ・ムリをなくす最短の近道は、トランプゲームの神経衰弱のごとく、次はどこにエクステを入れるか、覚えておくことです。
そう、前処理の時に、ただまつげを綺麗にするだけではなく、まつげの生え方や左右差などをチェックして、オーダーされた本数の配分を決めないといけないんですよね。
装着スピードが遅い人の典型的なパターンとして、「つけられそうなまつげを探しながらつけている」ということが挙げられます。
これでは、神経衰弱をやっても勝てないですよね(゚_゚i)。
しかも、まつげを両方のツイーザーで散々触りますから、仕上がりも美しいとは言えない状態になってしまいます。
なるべく、ツイーザーで、まつげには触らないことが、時短&美しい仕上がりに近道ですよ^^

実際に生徒さんにデモを見てもらうと、「速いですね」と言われますが、大宮はマツエク激安市場ですから、とにかくスピード命なんですよね。
ホットペッパービューティーでエクステ100本の所要時間を見てみると、40分〜60分が相場です。
所要時間であり、施術時間ではありませんから、100本だと施術が30分以内に終わらないと、大宮では「遅い」と言われます。
なので、アントスははっきり言って、大宮の中では遅いサロンですよ(・Θ・;)。
私自身、スタッフにはそこまでスピードにこだわらせていません。
上120本&下40本の施術を行う場合、新規のお客様だとカウンセリングを含めて2時間以内、リペアだと1時間30分以内、が許容範囲だと教えています。

こだわりや警戒心の強いお客様が多いですから、カウンセリングにも比較的時間がかかります。
よって、他店のように、「新規のお客様を1時間でこなす」というわけには行かないんですよね。
ましてや、ご新規様もリピーター様も、ほぼ100%の確率でボリュームラッシュをオーダーされますし、リフトアップエクステも、下まつげも、ディープクレンジングやトリートメントなども同時オーダーされますから、上まつげにシングル付けだけのお客様と比べると、所要時間が長くなって当然なのです。
ですが、お客様の大切な時間を無駄にしないために、アントスでもスピードアップは常にテーマです。
シングル付けでスピードアップが図れないと、時間のかかる「リフトアップ系施術」や「ボリュームラッシュ」などの施術は難しくなりますし、長時間の拘束を避けなければならない妊婦の受け入れもできなくなります。
正確につけられるようになったら、そのままスピードアップできるよう、しっかり練習してきてほしいですね。
今が一番肝心な時です。
一気に駆け足で上がらないといけないところなので、集中してがんばりましょうね^^。

Point

  • モデルさんのご要望に的確に応えるためには、質問の仕方が重要。
  • 特別速くは見えないけど、動きにムダやムラ、ムリがないから、しっかり5分前には終わっている。
  • 前処理の時に、ただまつげを綺麗にするだけではなく、まつげの生え方や左右差などをチェックして、オーダーされた本数の配分を決めないといけない。
  • なるべくツイーザーでまつげには触らないことが、時短&美しい仕上がりに近道。
もっと詳しく学びたい方は、こちらをご覧ください。 マネジメントコース・技術者としての経験があり、これから独立起業を考えている方
・販促や経営を中心に学びたい方
・オーナーとしてサロンを立ち上げたい方その他のコースはこちら

目次へ戻る